デッキ作りのヒント四回目のテーマは『出したいカードが引けない』です。
対戦中、どうしても使いたいカードが引けない事に苛立ちを感じる事もあるでしょう。完全にそれをなくす事はできませんが、出来る限りそれを避ける為の方法について紹介します。一部、過去の記事との重複もありますが、ご容赦下さい。

・使いたいカードを4枚入れる
欲しいカードが引けないのならば、デッキに入れられる最大の枚数4枚入れて引きやすくしましょう。枚数を増やせばそれだけ引ける確率が上がります。

・手札補充のカードを増やす
手札を増やすカードを使って引けるチャンス自体を増やしましょう。ターン最初のドロー以外にも手札を増やせれば、それだけ欲しいカードを手元に呼びやすくなります。

・サーチする
それでも欲しいカードが引けない事もあるでしょう。その場合は、サーチして手札に呼びましょう。上の手札補充の応用のようなものです。
クリスタル・メモリーやディメンジョン・ゲートなど、『自分の山札を見て手札に加える』カードを使えば山札に入っている限り、間違いなく欲しいカードを手元に呼べます。特にクリスタル・メモリーはクリーチャー・呪文など関係なくカードを1枚サーチする呪文なので様々な場面で使えて重宝します。

上記の方法で出したいカードが引けない問題は解決します。
今回のような『○○が出ない』という問題は大抵、『○○を増やす』で解決できます。
これを覚えておくと、デッキ作りの様々な場面で役に立つことでしょう。