強力カード紹介、今回は暴走龍5000GTです。
墓地のクリーチャー1枚につき、コストが1減る大型のクリーチャーです。12コストなのでコストを減らすのは大変だと思うかもしれませんが、墓地を増やす事を意識したデッキを作れば簡単に召喚できます。1マナや2マナでの召喚も夢ではありません。
さらに、出した時に5000以下のクリーチャーを全て破壊し、このクリーチャーが場にいる限り、パワー5000以下のクリーチャーの召喚ができなくなるのです。強力なシールド・トリガークリーチャーやニンジャストライクのクリーチャーの多くは5000のパワーの壁を越えられないので攻撃を通しやすくなります。
ツインパクトの登場でより墓地を増やしやすくなった今、大会でこのカードを見ない日はないと言っても過言ではないでしょう。

一緒に使いたい1枚!

一緒に使いたいのは龍装者バルチュリスです。
5000GTを使う時は同じように墓地と相性のいい百万超邪クロスファイア(墓地のクリーチャーの数でタダ出しできる)を使う事があるでしょう。5000GTで3枚、クロスファイアで2枚ブレイクしてあとはとどめを刺すだけというケースは多いと思います。
その時、2体目の攻撃の後にタダで出せるバルチュリスの出番です。
ここでパワー4000のバルチュリスは出せないんじゃないかと思う方もいる事でしょう。実は5000GTが禁止しているのは『パワー5000以下の召喚』であって『パワー5000以下をバトルゾーンに出す』事ではないのです。パワー5000以下のバルチュリスを召喚せずにタダ出しする事で場に残す事ができます。
ちょっとしたルールの隙をついてタダ出ししたら最後のひと押しで勝負を決めましょう!